« ハッシュドビーフとビーフシチュー | トップページ | うつ病のお薬 »

2006年11月30日 (木)

公明党目黒区議辞職

政務調査費に不適切な支出があったということで、目黒区の公明党区議団(6名)が全員辞職したとのこと。

こんなことは、公明党目黒区議団だけの話ではないので、な~んか茶番ですよね。

もちろん、区民の税金をマイカー用のカーナビ代に使ったとか、都内で使ったはずのタクシーの領収書が沖縄県のタクシー会社だったとか、区民をバカにしたような使途は許されるはずもないのですが、議員のひとりが「自分では適正にやっているし、事務局もチェックして適正として処理されている」みたいな発言をして、思わず失笑してしまいました。

議員と公務員の関係は非常に理不尽な関係にあります。議員からすれば役人は召使いとか奴隷みたいなもんです。

今回の政務調査費をチェックした目黒区の議会事務局は、当然、沖縄県のタクシー会社から出た領収書に気づいているに決まっています。

ただ、それを議員に指摘すると逆ギレされて面倒だから、見てみぬフリをしているだけ。はっきり言って議員の連中は、そういうところを指摘されると、理不尽なキレ方をします。予算や条例案などに反対するとか、わけのわからない抵抗をすることで、行政を停滞させることができるわけです。

役人は、キチンとチェックしないといけませんが、キチンとチェックすることにより、自分の立場が悪くなったり、仕事が停滞したり、と悪影響が大きいので、やむなく黙って処理するわけです。

現役役人の立場から言えば、役人が襟を正さないといけない場面も多々あることは事実ですが、その根幹に議員がいることが多い、ということもわかっていただきたいですね。その議員を選んでいるのは、公務員をボロカスに言う一般の国民の皆さんなのです。公務員を守るわけではありませんが、皆さんが選出した議員によって虐げられている多くの役人がいることをわかって欲しいと思います。

|

« ハッシュドビーフとビーフシチュー | トップページ | うつ病のお薬 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは~
忘年会での飲みすぎ、大丈夫ですか(笑)

さて、議員の特権ってとんでもないですからね。なかなか手放すはずないですよね。
政治にはお金がかかる、だからいろんな経費が必要、という理屈ばかりで、お金がかからない政治にしようとはしないのですよね。
お金のかからない政治にすると何か都合が悪いのかな?とうがった見方してしまうのも、あながち的外れでもないのですよね~

投稿: てっけん | 2006年12月 4日 (月) 00時11分

こんにちは、てっけんさん

東京都だけの問題ではなく、日本全国どこへ
行ってもある問題なのでしょう。

古い時代に作った議員特権制度を、いまだに
引きずっているからこういう問題が続出するんですよね。
時代は変わったし、財政難の事実もあるわけですから
議員自ら見直してもらいたいのですけど、一度
決まった既得権益を手放すはずもないし。

国を地方を立て直すと言う使命感に燃えた議員が
いないのも問題ですよね。
自分さえ良ければと言う人間が蔓延しているから
こういうことになるのです。

結局、選ぶ国民のほうにも問題があるし、
日本全体の構図の問題でもありますね

投稿: まるこ姫 | 2006年12月 3日 (日) 11時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公明党目黒区議辞職:

» 政務調査費 疑惑は目黒区だけではない! [市民オンブズマン 事務局日誌]
政務調査費 疑惑は目黒区だけではない! 多くの都道府県議会・政令市議会の領収書は「非公開」 目黒区オンブズマン(梅原辰郎代表)が目黒区議長と公明党目黒区議団 に支給された2005年度の政務調査費約595万円が使途基準に 反しているとして返還を求めて住民監査請求をしていた件で、 公明党目黒区議団は不適切な支出を認め、約772万円を返還した上、 同区議団6名全員が辞職しました。また、区議長は約2万7000円分の 報告を修正し、議長職を辞任しました。 住民監査請求によれば、公明党目... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 09時39分

« ハッシュドビーフとビーフシチュー | トップページ | うつ病のお薬 »