« 自分がイヤになりますね | トップページ | たけしの教育白書 »

2006年11月10日 (金)

教育改革タウンミーティング

政府主催のタウンミーティングでの「やらせ」問題。文部科学省だけが悪いみたいに言う政治家ばかりですよね。

「『質問が出なかったらどうしよう』という官僚の思い」な~んてことを中川官房長官がおっしゃってますが、役人からすれば、政治家のためにやむなくやっていること、という思いがあります。

タウンミーティングでもフォーラムでもシンポジウムでも、質問が全くでない、なんてことはほとんどありえません。場合によっては、時間が足りなくなることもあります。

なぜ、わざわざ「やらせ」をするのか?

それは、壇上のパネリスト、今回で言えば小泉首相をはじめとした、政治家や担当大臣などが、回答に困る質問をされるとマズイからにすぎません。

一般に、タウンミーティングやフォーラムに参加される方々は、すごく問題意識が高かったりします。もちろん、教育やその場のテーマに関して、熱心に勉強されている方が多いわけですね。

そういう方々から、鋭い質問をされてしまうと、現場で答えようがない、曖昧にごまかせない、ということになります。そうすると、例えば会場が紛糾して収集がつかない=次の予定に間に合わない、とか、議員として質問に答えられなければ、資質が問われる、みたいなことになるのですね。

ミーティング終了後、議員から「どうしてあんな質問をさせるんだ!」と叱責されるのは、担当の役人です。衆人環視で恥をかかされた、という叱責ですよ。

なので、役人としては、議員に拗ねられると後のフォローが大変ですから、事前に問題が起こらぬよう、どのエレベーターからどう入室して、どこに座って、何をしゃべってもらって、時間通りにどう退室して、なんてことを必死になって段取りするわけです(ロジ、といいます。)

そのロジをいかにうまく書けるか?

というのが役人の仕事であり、そんな作業をしなければならないのは、正々堂々と質問に答えられない、また、自分の気に入らない質問が出れば後で役人を叱責する政治家にも問題がある、ということです。

文部科学省を弁護するつもりはありませんが、政治家が官僚を叱責するのみで片付けるような問題ではないと思っています。

|

« 自分がイヤになりますね | トップページ | たけしの教育白書 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育改革タウンミーティング:

« 自分がイヤになりますね | トップページ | たけしの教育白書 »