« 【お役所論】和歌山県と市町村、庶務を一括へ | トップページ | 夏の甲子園~決勝~ »

2006年8月16日 (水)

やっぱり終戦記念日・・・

月曜日、僕が大嫌いな国会議員のひとり、高市早苗がこんなことを言ってました。

「交戦権は国家に認められた権利である。大東亜戦争は、その交戦権に基づいた戦争である。したがって、国家対国家、つまり連合国家対日本国家の戦争である。よって、その戦争責任は、連合国家と日本国家が負うものである。」

戦争責任は国家が負う?国家を構成する日本国民全てが責任を負うということか?

冗談じゃない。正確な情報も与えられず、少しでも軍部に批判的なことを言えば殺される(本来、国民を守るべき存在の軍が国民を殺める)ような環境下において、一体、無辜の国民が交戦権を主張して、自ら望んで戦争に突入したとでも言うのか?

世界の一員としての日本の立場から、戦争責任をA級戦犯だけに限定するのは無理があるかもしれない。上官に命令され、拒否できなかったとはいえ、例えば大量虐殺に関与した兵士、将官等も責任を問われるべきであるかもしれない。

しかし、大多数の国民はサイレントマジョリティでしょう?国家が責任を負う、なんてこと言えば、そんな国民も戦争責任があるということになるのだろうか?戦争反対派の政治家や思想家は、軍や憲兵などに容赦なく罰せられ、死刑になることもあった時代。武力・暴力をもって誤った方向に国家を誘導し、自国他国双方に多数の犠牲者を出すに至らしめた当時の上層部、指導者層に極めて重大な責任があることは明白ではないか?東京裁判が戦勝国の一方的な裁判だといって、それを認めないという見解もあるけれど、裁判自体は問題があろうとも、戦争責任の所在に変わりはないと思う。

日本陸軍が東南アジア地域へ侵攻した際、欧州列強国の帝国支配に抵抗していた現地の人々からは、救世主として喜ばれた瞬間があったそうだ。しかし、結局アジアの一員として帝国主義からの解放に資することを期待された日本も、欧米と同じような帝国主義で現地を支配しようとするに至り、現地住民から強烈な抵抗にあい、東南アジア地域からの支持を得ることができなかったということだ。つまり、当時の軍部の方針が日本の将来を誤らせていることが、こういうところにも見てとれるわけである。

いろんな歴史観があって、いろんな考え方をする人がいるのは確か。でも、少なくとも高市早苗のような政治家は即刻議員を辞めていただき、戦争体験者に対し「あの戦争の責任は日本国家にある。つまり、国民にも責任があるのだ」と言って行脚してもらいたい気分である。大多数の国民が、戦争はイヤで早く終わってほしくとも、それを口に出すわけにはいかなかった、という当時の環境を踏まえると、国家に責任がある、なんて曖昧かつ政治家の責任逃れのような言葉は吐いてはいけないのではないか?という気がして非常に不快になった次第。

|

« 【お役所論】和歌山県と市町村、庶務を一括へ | トップページ | 夏の甲子園~決勝~ »

コメント

まるこ姫さん、いつもコメントありがとうございます。
確かに「虎の威を借る狐」でしたね^^;
「虎の尾を借る」=惜しかった・・・

さて、まるこ姫さんのブログには、いろんな意見が寄せられていましたね。あんなに丁寧にコメント返されていて、関心しきりでした。お疲れ様です。
自分の意見が絶対で、他人は間違っている、というコメント多いですよね。そういう人とはなかなか議論できないですよね。僕も亀田選手の時にはまるこ姫さんと激論になりましたが・・・^^;
(→苦情っぽいコメントはあの時だけですから、ご容赦を・・・^^)

実は、自分の考えが絶対、その最たる人が小泉首相なんですよね。それが良かった部分もあるのでしょうけど、彼の任期の収支決算をするとマイナスなんだろうなあ、と。
戦争責任については国内だけの問題ではありませんから、世界の中で納得されるような議論や対応をしていかないと、ますます「JAPAN NOTHING」になっていきますよね。

投稿: てっけん | 2006年8月17日 (木) 01時09分

こんばんは~

どうでもいいのですけど、最後の
トラの尾を借る狐は
トラの威を借る狐の誤りでした。

そうですよね?

投稿: まるこ姫 | 2006年8月16日 (水) 20時37分

こんにちは~てっけんさん

日本は無条件降伏をしたのですから、勝者である
アメリカの下の東京裁判は、いたし方の無い事だと思います。

それを今さら、あの裁判は間違っていただの、一方的だのとは
言うべき事ではないと思います。
それならなぜ、調印したのでしょうね。
いかにも正義の戦争のように国民を煽って情報操作はお手の物。
言論の自由も無く、戦争反対論者は徹底的に痛めつけられました。
戦争に導いた軍の責任は重いものがあるし大きいと思います。
戦争指導者が絞首刑にされたのを、死を持ってあがなえるとは到底思えません。

戦争責任者は死して何年立とうとも、永久に許す事は出来ないと思っています。
靖国に祀られている、一般の兵隊と一緒に英霊と祀られるのも
反対です。

それほど、日本を間違った戦争に導いた責任は大きいと思うのです。わたしは。

それに私も前から、高市早苗は嫌いでした。
態度が不遜であるだけでなく、高みから見下ろしたような
発言は聞いていてとっても嫌です。
自民の傘の中での発言です。
まさしく、トラの尾を借る狐です。


投稿: まるこ姫  | 2006年8月16日 (水) 11時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり終戦記念日・・・:

« 【お役所論】和歌山県と市町村、庶務を一括へ | トップページ | 夏の甲子園~決勝~ »