« 【W杯】フランス代表 アンリって・・・ | トップページ | 金正日のような消息不明から復活 »

2006年6月15日 (木)

【W杯】シェ、シェフチェンコ・・・

いよいよ予選リーグも一回り。今日はH組が登場です。スペインvsウクライナ。H組の首位争いをすると思われる2チームが初戦で激突でした。が、予想外の結果に・・・

4-0

こんな大差を誰が予想したでしょうか。ウクライナはスペイン相手に手も足も出ず、といった感じの試合でした。

もともと攻撃力には定評のあるスペイン、シェフチェンコを中心にカウンター攻撃に切れ味を見せるウクライナ、とチームカラーが異なるチームでしたが、ウクライナは力を出し切れずに大敗。シェフチェンコもほとんど仕事ができず、消化不良だったと思われます。

今大会の特徴として、前半の割と早い時間帯に得点がはいる、という点があげられると思います。しかも、当たり前といえば当たり前なのですが、先取点を取ったチームが有利。この試合も前半13分、17分くらいでしたか、スペインが立て続けに2点を取ったことで、大きく優位に立ちました。

後半、選手を2人交代させたウクライナは、攻めに転じようとしましたが、そこに落とし穴がありました。自分たちが得意とするカウンターをスペインに決められ、DFが相手FWをファールで止めたということでレッドカード&PK献上という、少し気の毒な3点目でした。PKはやむをえないかもしれないですが、レッドカードが出るようなプレーではなかったような気がします。ここで勝負あり!でした。後半立ち上がりで、1人少なくなり、体力的にもキツくなったウクライナに、そこから逆転できるような力は残っていませんでした。頼みのシェフチェンコも、ボールが回ってこない展開に、自嘲気味の笑みを浮かべながら前線で孤立していましたね。

今大会は、わりと実力が均衡しているのでしょうか、大差の試合がなかっただけに、今日の4-0のスコアは少し衝撃でした。もちろん、ウクライナもまだ1試合目なので、あと2勝できる余地はあります。今日の結果を引きずらずに、気持ちを切り替えて次戦に臨んでもらいたいです。シェフチェンコのキレキレのプレーが見られることを願っています。

|

« 【W杯】フランス代表 アンリって・・・ | トップページ | 金正日のような消息不明から復活 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【W杯】シェ、シェフチェンコ・・・:

« 【W杯】フランス代表 アンリって・・・ | トップページ | 金正日のような消息不明から復活 »