« 断続的に会社休み | トップページ | 診断書が出ました »

2005年11月26日 (土)

耐震強度の偽造

最近、メディアをにぎわせていますよね。今日、建築主が国交省の事情聴取を受けていたようですが、あまりに身勝手な主張に失笑でした。

関与を否定しているものの、建築主としての責任をどう考えているんでしょうね。曰く「買戻しや解体には公的資金か融資がないと無理」だとか、「銀行は住宅ローンの9割を放棄するよう国交省から指導してほしい。残り1割で買い戻す」だとか・・・・・

購入された方が最大の被害者であるわけですが、公的資金=税金ってことなのですから、建築主はもっと誠意を持って対応しないと、ですよね?

|

« 断続的に会社休み | トップページ | 診断書が出ました »

コメント

こんばんは~てっけんさん、お元気ですか?

耐震強度にかかわった業者や、国交省は、
理由のいかんにかかわらず、責任はありますよね。

今では責任のなすりあいに終始していますけど
税金を使われるのも、ちょっと変ですよね。
でも人命にかかわる事ですから・・・・
複雑な心境です。

投稿: まるこ姫 | 2005年11月26日 (土) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度の偽造:

« 断続的に会社休み | トップページ | 診断書が出ました »